Salon Bar Thistle

Salon Bar Thistle

サロン バー シスルの歴史好きにおすすめのカクテル

place 彦根市 access_time 2019年12月6日更新

ホテルサンルート彦根の1階にある『サロンバー シスル』は、昔ながらのシガー&カクテルバーです。低照明、座り心地の良いアームチェアのスツール、蝶ネクタイをしたバーテン、バックライトのボトルなど、本格的なカクテル体験を提供しています。

バーを経営しているのは、一般的に歴史好きとして知られる宮下純さん。歴史をテーマにしたカクテルを提供しています。正直なところ、歴史とお酒の組み合わせには懐疑的な私は、半信半疑でこのバーを訪れたました。

黒のスーツに蝶ネクタイ姿の宮下さんに笑顔で迎えられ、カウンター席に案内されました。スコッチウイスキーをはじめとする世界各国のお酒はもちろんのことながら、宮下さんはさらに近江の食材やストーリーを取り入れた近江ならではのお酒も開発しています。

まずは、東近江の永源寺で栽培されている政所茶にデュワーズウイスキーをブレンドしたハイボール。使われているお茶の種類はほうじ茶で、お茶を焙煎することで、濃厚でトーストのような風味が出るのだそうです。炭酸ベースのカクテルとお茶のカップの組み合わせによってハイボールは非常にさわやかで、のどの渇きを癒やしてくれます。確かに独特で、地域ならではの味とも言えるかもしれません。日本の三大工芸品の一つとされる近江上布のコースターに乗せて提供されます。このオリジナルカクテルは、和食の「花・笑家」や旅館「双葉荘」でもお楽しみいただけます。

デュワーが始めたとされるハイボールの歴史について少し話を聞いたあと、ちょっと変わったものをお楽しみくださいと渡されたメニューには、近江の歴史上の人物にちなんだカクテルがずらりと並んでいました。最新のラインナップは、大河ドラマでも脚光を浴びた、明智光秀です。 「私は多賀町の出身で、光秀も多賀町の出身だと言われています。カクテルは多賀町の原酒をベースに、金柑リキュールとブルーキュラソーで、光秀の青桔梗の紋を反映させたものです」 宮下さんはシェイカーを振ります。花の紋章が刻まれたグラスに入ったこのお酒は、日本酒と柑橘系の金柑の絶妙な組み合わせで、少し謎めいた雰囲気を漂わせています。

また、歴史上の人物をモチーフにしたカクテルとしては、井伊直虎とその息子である直政にちなんだものがあります。徳川家康が好んで飲んでいたスイカズラという薬用植物のリキュールを使用した甘くてさっぱりとしたカクテルで、井伊家の甲冑「赤備え」をイメージした深紅色をしています。 「このリキュールも近江で作られているのですか?」 「いいえ、浜松からです。井伊家のルーツは井伊谷(現在の浜松市)ですので、浜松のものを使っています」 直政の兜の金色の天突をあしらったグラスには、レモンの皮を特注のカッターで削り出したものが入っています。

「石田三成はどんな人だったと思いますか?」
「今の彦根では井伊家のことばかりですよ。結局、三成は歴史上では負け組だったのです。でも、数年前に三成を再評価しようというプロジェクトがあって、彼に敬意を表してカクテルを作ろうと思ったのです。そして、彼のことを調べていくうちに、歴史に興味を持つようになりました。学べば学ぶほど、彼は非常にまっすぐで率直な人だったことがわかり、それをカクテルに反映させたいと思いました」
「歴史の勝者にスポットが当たり勝ちですが、中には敗者を好む人たちもいますよね」
「確かにそうですね。江戸時代でも三成にはファンがいました。井伊家の菩提寺である龍潭寺でも、三成を密かに祀っていたのですよ。」

宮下さんに店を始めて何年になるのか聞いてみました。 「14年です」 「その14年の間に 彦根は大きく変わりましたか?」 「一番大きいのは、彦根のマスコットキャラクターであるひこにゃんの登場ですね。ひこにゃんが出てきたことで彦根に注目が集まりました」

ひこにゃんが生まれたことを記念して、彦根のバーテンダーが歴史に残る美味しいカクテルを作る日が来るかもしれません。